糖尿病教室

  • 平成28年7月糖尿病教室

    【医師より】
    今回は腎臓についてお話しました。腎臓の働きやしくみについて腎臓のミクロの断面図を見ながら勉強しました。糖尿病の合併症が進行するとこの血管が硬くなります。たんぱくが尿に漏れ始め(たんぱく尿)さらに進行すると、尿が出なくなったり高血圧やむくみの症状が出現します。合併症の進行を抑えるためには血糖のコントロールと血圧の管理が重要です。

    【看護師より】
    糖尿病を治療せずに高血糖のまま経過すると、合併症が進行していきます。実際にたんぱくが漏れ出すところをイメージできるように、腎臓の模型を使って実演しました。実際に腎臓からたんぱくが尿に漏れ出すことを演習を通じて参加者へイメージできる実演でした。
    腎症は自覚症状がなくじわじわと進行します。基本は血糖のコントロール、HbA1cを7.0%未満に抑える事が合併症予防に大切です。他に減塩たんぱく制限の食事療法や内服での血圧コントロールがポイントです。腎症は一度悪化すると機能は元に戻らないので合併症予防が重要です。

    【管理栄養士より】
    今回は油の仲間についてお話しました。油の仲間とは、油脂類、種実類、多脂性食品のことです。ナッツ類も油の仲間である事をお伝えするために、みなさんで協力してピーナッツを絞る実習と動画を交えてお話しました。参加者は、「普段気付かないけど、食品の中には隠れた油があるのね」という声もあがるほどとても驚いておられる様子でした。中華の献立をテーマとして油を減らす調理法の工夫についてもお伝えしました。工夫①調理法を変える。「茹でる」「網焼き」にすると余分な油が落ち、カロリーダウンします。工夫②油で調理する時は、水分の少ない食材を選ぶようにしましょう。茄子など水分の多い食材は調理の時に油を多く必要とします。工夫③下処理を行う。油で調理する前に茹でるかレンジで蒸す下処理を行う事で、火の通りが早くなり少量の油でも作る事ができます。ついついとり過ぎてしまいがちな油の仲間ですが、工夫次第で上手に付き合う事ができます。

    • 教室画像0
    • 教室画像1
    • 教室画像2
    • 教室画像3
    • 教室画像4
  • あおぞら会イメージ
    職員募集 2018年期
  • 当院の取り組み

  • インフォメーション

  • こころっこ訪問看護ステーション
  • NPO法人あなたと健康を支える会こうべ
  • NPO法人あなたと健康を支える会こうべ
  • にしかげ内科クリニックのブログ
  • お知らせ

    • 2017.12.13
      学会発表のページを更新しました。
    • 2017.11.02
      糖尿病教室ページを更新しました。
    • 2017.08.31
      糖尿病教室ページを更新しました。
    • 2017.08.04
      職員募集ページを更新しました。
    • 2017.07.28
      職員募集ページを更新しました。
    • 2017.06.05
      糖尿病教室ページを更新しました。
    • 2017.05.18
      透析室のページを更新しました。
    • 2016.11.16
      学会発表のページを更新しました。
    • 2016.06.29
      学会発表のページを更新しました。
    • 2016.06.29
      栄養相談のページを更新しました。
    • 2016.06.23
      7月のたいそう教室の予定を更新しました。
    • 2016.06.15
      youtubeにて動画をアップしました。
    • 2016.06.10
      糖尿病教室ページ更新しました。
    • 2016.06.08
      学会発表のページを更新しました。
    • 2016.03.31
      糖尿病教室ページ更新しました。
    • 2016.03.01
      ホームページ、リニューアルいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • ブログ

ページトップへ